ネコと和解せよ

ネコと和解せよ」は正しかった?😊
という記事を見かけたので、軽く紹介したいと思います。

「ネコ好きは無神論者」「神に求めるものをネコで代用している」という研究結果
https://gigazine.net/news/20200116-cats-preferred-atheists/

そういえば、竹本泉の漫画で、“霊格が高い(=わがままな)猫”をめぐる短篇があったなあ、と思ったり。

個人的に一番気になったのは、以下の部分で、

オクラホマ大学で社会科学・宗教学などについて研究しているサミュエル・L・ペリー氏が率いる研究チームが、2000人のアメリカ人を対象にペット所有に関する調査を実施しました。調査の結果、週に1回以上教会へ行き礼拝すると回答した「宗教に熱心な」人は、平均して1.4匹のネコを飼っていることがわかりました。それに対して、教会へ礼拝に行く習慣のない「無宗教」な人は、平均2匹のネコを飼っていたそうです。

アメリカ人、猫を飼っている率が高いな、ということだったりします😅
やはり住宅事情が良い分、ペットを飼いやすいのかもしれませんね。

余談ですが、宗教にせよ、何にせよ、仕事以外で夢中になれるものを持つということは大事だったりします。
今は亡き私の伯父が、とある会社の再建を任された時のことですが、右腕となる副社長に対して、「これからは休みもないくらいに働かなければならない。だから、君も仕事以外で熱中できるものを見つけたまえ」とアドバイスしたそうです。
それを受けて、その人はキリスト教を信仰することを選び、毎週の礼拝などで精神的なストレスを解消できたのか、会社の再建が成るまでの間、脱落することなく獅子奮迅の活躍ができたそうです。

ですので、皆さんも、仕事以外に心の支えとなるようなものを見つけてみると良いと思いますよ。
それが宗教でも、猫でも、空飛ぶスパゲッティでも何でも構わないと思います。もちろん、趣味に熱中するのも良いですね。
もし、猫が欲しかったら、保護猫の斡旋をしている店などもありますので、近くにお住まいの方はのぞいてみてはいかがでしょうか。
最後はチラッと取引先のステマだったり……😁

執筆者:M.S